横山式筋二点療法について

トップ > 横山式筋二点療法について

横山式筋二点療法について

筋肉が持つ二点間の法則を活用した手技療法

横山式筋二点療法とは、身体に現れる様々な症状を筋肉の上に現れる「圧痛点」と「反射点」の2点を結びつける事によって治療していく独自の手技療法です。

筋弛緩によって「神経」「血管」「リンパ」の圧迫開放を促し、自然治癒力の向上を図ります。

筋肉を極めた治療法として「筋肉カイロプラクティック」と呼ばれる事も。瞬間的な圧力による矯正治療ではないので、無痛であり、安全性も高い手技療法です。

▲トップへ

横山式筋二点療法の特徴

筋肉学を極め、「筋肉カイロプラクティック」とも呼ばれている手技療法「横山式筋二点療法」の治療は非常に独創的です。

右手で1つの筋肉を、左手では別の筋肉を刺激し、治療を行います。

右手と左手で合計2つの筋肉上のポイント(点)を扱うので「筋2点療法」というわけです。

そして、横山氏が開発されたので「横山式」の「筋2点療法」すなわち「横山式筋二点療法」となります。

その治療効果は徹底した「筋弛緩」にあり、「浅筋」「深筋」を問わず、瞬時に筋弛緩を実現する事が可能な手技療法です。

この徹底した筋弛緩を実現させる事によって、筋硬結によって圧迫されていた「血管」「リンパ管」「神経」が開放され、正常な機能を取り戻していくという訳です。

つまり、横山式筋二点療法も他の手技療法と同じく、 「人間が本来備えている自然治癒力」を正常化させる事を目的としています。

なお、圧力をかける「関節の矯正治療」といった流れは一切ありませんので、骨粗しょう症に悩まれている方でも安心して施術を受ける事が可能です。

横山式筋二点療法の基本となる治療哲学は

  • 「患者さんに痛みを強いる施術は治療ではない」
  • 「根本原因を探り、徹底的に治療する」

となります。

△TOPへ戻る

治療対象となる筋肉について

横山式筋二点療法では、その治療対象となる「2つの筋肉」上に現れるポイント(点)を下記のように呼びます。

  • 1.「圧痛点」=押すと痛みが走る、カチコチに硬結した筋肉上の点
  • 2.「反射点」=その「圧痛点」の痛みを瞬時に取り除き、かつ弛緩させる特定の筋肉上の点
  • ※何もしなくても痛みを自覚する点は「痛点」と呼びます。

「圧痛点」と「反射点」はセットなので、「圧痛点」がある限り、必ず何処かに「反射点」が存在します。

そこで、横山式筋二点療法では、「圧痛点」の位置を確認した上で、それに対なる「反射点」を特定し、それへの刺激をもって「圧痛点」の痛み・硬結を取り除いていくという流れになります。

痛みを完全に取り去るまで「原因」を追いかける

横山式筋二点療法では「全身治療」が基本です。痛みを起こしている「根本原因」の部分まで徹底的に「追いかけ」て施術を行います。 これを横山式筋二点療法では「追いかけ治療」と呼んでいます。

筋硬結は隣接する筋肉に沿って連鎖を起こします。痛みを感じている部分は、いわば「連鎖の末端」とも言うべきもので、そこだけを治療しても、それは単なる対処療法に過ぎません。必ず再発を迎えてしまいます。

そこで、横山式筋二点療法では、筋硬結の連鎖の始まりとなった「根本原因」の部分までを徹底的に弛緩させるのです。

「根本原因を探り、徹底的に治療する」これが横山式筋二点療法の治療にあたっての基本方針です。

△TOPへ戻る

骨格矯正を必要としない横山式筋二点療法

横山式筋二点療法では、カイロプラクティックや整体などに見られる「骨格矯正」治療はありません。

「骨格の歪み」は「硬結した筋肉/靭帯によって骨格が引っ張られた結果」であるとしています。

つまり、「骨格の歪み」という「結果」は「筋肉/靭帯の硬結」という「原因」でもって起こっているものであり、その「結果(骨格の歪み)」を正す為には「原因(筋肉/靭帯の硬結)」を取り除けば良いという治療理論です。

横山式筋二点療法は「浅/深」を問わず、筋肉を弛緩させることができる手技療法なので、筋弛緩によって結果的に自然矯正を促す事が可能なのです。

ゆえに、横山式筋二点療法では骨格矯正は行わず、筋弛緩によって結果的に骨格の矯正を行います。

これが横山式筋二点療法が安全な手技療法たる所以です。

特に、頚椎周辺の筋硬結を取り除く事によって、頚椎周辺の骨格矯正を自然に促せるというのは、非常にデリケートな組織である頚椎に対して、抜群の安全性を誇るといえます。

△TOPへ戻る