鍼灸について

トップ > 鍼灸について

鍼灸について

とても細長い針を身体の沢山の場所にくっつけ(刺しているようには見えない)、ベッドにうつ伏せになっている姿。

それが鍼灸の施術イメージとしてあるのではないでしょうか。

日本では接骨/整骨と同じく歴史が深く、一定条件を満たせば健康保険による治療も可能になる民間療法。

それが鍼灸です。

日本では実は灸の方が早く定着していたのですが、今ではすっかり「鍼」が主役になってしまった感があります。

人間の内側に流れる「気」の流れを整え、自然治癒力、免疫力を回復さえるという、「人間の力」を信じた施術法と言えるでしょう。

△TOPへ戻る

中国では「三大療法」の一つに数えられている鍼灸

日本では西洋医学の採用、整形外科分野の流入により、鍼灸は医学の中心から傍流へと立つ位置を変えました。

それでも、今なお「鍼灸」は多くの慢性症状で悩む方、不定愁訴で悩む方を救っています。

それはやはり、「東洋医学」の叡智が結集された確かな治療法だからこその「臨床結果」なのでしょう。

日本では余り知られていませんが、鍼灸は本場中国においては「三大療法」の一つであり、病院では専門科があります。

つまり、中国において鍼灸は「医療行為」として認められているのです。

ですので、国家資格を持っていながら、「西洋医学」と比べると低くみられがちな「鍼灸」ではありますが、

それは決して「臨床結果における差」なのではなく、「西洋医学を選んだ日本ならでは」の評価であると考えるのが妥当です。

世界には鍼灸を高く評価している国がある一方、日本のように「科学的根拠が無い」として低く評価をしている国がある事を覚えておいてください。

△TOPへ戻る

鍼灸は「気の流れ」を整える為の方法。

鍼灸治療の目的とは何か。

それは「今ある痛みを取る」という事。これがまず大前提です。

では、「どうやってその痛みを取るか」という方法論のお話になるのですが、ここで鍼灸独自の概念が登場します。

「全身を巡る、気の流れを整える」

これが鍼灸の「腰痛」「肩こり」「頭痛」「膝痛」等へのアプローチ、働きかけの仕方です。

鍼灸では人間の身体には「血液」や「組織液」の他に「気」が流れていると考えています。

所謂「気・血・水」の概念です。

日本でも漢方の宣伝等で徐々に出てきましたので耳にした事もあるかもしれません。

鍼灸はこの「気・血・水」の中でも「気」の流れに注目をした施術法なのです。

△TOPへ戻る

人間の身体は「気・血・水」の巡りによって成り立つ

東洋医学において、人間の健康は「巡り」によって成り立っているとされています。

いわゆる、「絶え間ない循環」において、バランスが保たれているという事です。

これは血液の循環、酸素の循環を考えてみても、西洋医学に通じるものがあります。

人間の身体に腰痛や肩こり、貧血や頭痛といった「不調」が出てくるということは、その「巡り」に異常が出ているということ。

元の健康状態に戻す為には、「気・血・水」の巡りを正常に戻してあげる必要があります。

そこで、利用するのが「気」の巡りなのです。

「血」も「水」も止めてしまえば一大事です。外から「外科的」に働きかけて、誤って傷つけてしまえば取り返しがつきません。

そこで、「血」「水」の巡りにも大きく関わる「気」の巡りを整えてあげることで、間接的に「血」「水」の巡りも正常化させようとするもの。

それが鍼灸なのです。

△TOPへ戻る

全身に散らばる「経穴(ツボ)」を通して「気」を整える。

「気」の流れを整える事で「気・血・水」の巡りを元に戻す。

それが鍼灸治療であると説明をしてきました。

では次に、具体的にはどのように施術をするのかを説明していきます。

鍼灸治療で利用されるのが「経穴(ツボ)」と呼ばれる特定のポイントです。

本来、「気」というものは身体の奥深くを走っているとされています。

その為、闇雲に触っても「気」の巡りに働きかけることができないのです。

そこで、「気」の流れ道の中でも、特に皮膚に近い場所を狙って、鍼灸を打ちます。

そう、この「皮膚に近い気の通り道」こそが「経穴(ツボ)」と呼ばれるポイントなのです。

人間の身体には500を超える経穴があり、更には経穴を繋ぐ「経絡」と呼ばれる気の「ライン(線)」があります。

主に鍼灸治療に活用される経穴は約365個、経絡は12本と言われており、それぞれの症状に適したポイントに鍼灸を打つのです。

良く、何本もの鍼や灸を背中やお腹、場合によっては顔に打たれている人を見ると思いますが、

あれは特定の症状に対して効果的な経穴(ツボ)を、「経絡」という線上の関係性を踏まえた上で打っているのです。

鍼灸は、経穴・経絡の「相乗効果」を導き出すとても効率的な施術法であるとお考えください。

△TOPへ戻る

日本の鍼灸は「痕が残らない無痕灸」「使い捨てのディスポーザル鍼」が一般的に。

鍼灸治療を受けようかどうか悩んでいる方の多くが持つ悩み。

  • 「痕が残らないか」
  • 「感染とかは大丈夫だろうか」

この点についてはご安心ください。殆ど大丈夫です。

鍼の痛みについてもご安心ください。

日本の鍼灸は、日本人に合う形へと工夫をされています。

感染が怖い鍼については使い捨てのディスポーザル鍼が広く浸透しました。

また、鍼の細さも、中国に比べて圧倒的に細く、痛みを殆ど感じません。

灸にしても、「無痕灸」と呼ばれる痕のつかないタイプの灸が一般的です。

このように、中国から伝来した伝統医学は、日本の土地に馴染むように長年工夫されて今に至ります。

今では小さなお子様から年配の方まで気軽に受けることができる療法となったのです。

また、鍼灸は人間の内側の力を取り戻す、強くするという「生命力の強化」を図る療法です。

その為、腰痛や肩こりといった慢性疾患に悩む方のみならず、

スポーツ選手等のアスリートからの注目も集め、試合前後のコンディション調整等にも活躍しています。

△TOPへ戻る