接骨・整骨について

トップ > 接骨・整骨について

接骨・整骨について

「接骨院・整骨院」と言えば、クラブ活動などで体育会系の人は何度もお世話になっているかもしれません。

特に柔道部や空手道部といった武道系には親しみがあるのではないでしょうか。

最近では「接骨院」という看板よりも「整骨院」という看板の方が目立つようになっています。

「接骨」と「整骨」の違いについても「何?それ?」という患者様の方が圧倒的に多い状態ですので、その点についても紹介をしていきたいと思います。

△TOPへ戻る

接骨・整骨は「骨折」「捻挫」「打撲」「脱臼」の専門家の業種

まず、ここでは「接骨・整骨」の看板をかけている治療家が持つ国家資格、「柔道整復師」についての説明から入ります。

この「柔道整復師」という資格は、所謂「骨接ぎ」の資格です。

骨折をしてしまった患部を、正常な関節位置に戻し(これを整復技術と呼ぶ)、添え木等を施して骨を「接ぐ」訳です。

そして、それは脱臼の場合も、捻挫の場合も同様です。ずれた関節の位置を正常な位置に戻し、自己回復を促します。

つまり、「接骨院」というのは柔道整復師のしごとであった「骨接ぎ」を専門とする治療院ですよ、というメッセージと言えるのです。

「あれ?でもうちの近所の接骨院ではマッサージをしてくれるぞ」

と不思議に感じた患者様も多いかと思います。

実は、この柔道整復師が「骨接ぎ」の主役だった頃はもう随分と昔の話になってしまいました。

西洋医学が歴史の表舞台に立ったからです。

当時、鍼灸や柔道整復が主役であった保存的医療や骨接ぎは、西洋医学の整形外科に取って代わられてしまい、「鍼灸」「接骨」は共に医療の裏側へと追いやられてしまった、と言っても過言ではありませんでした。

特に、鍼灸はまだ整形外科にはない独特の治療法なので、代替医療としての立場を確立する事がすぐにできます。

ですが、接骨・柔道整復の内容は整形外科と全く重なります。

このままでは間違いなくジリ貧になってしまう。柔道整復/接骨にはそんな現実が見えていたのです。

そこで、柔道整復師が選択をしたのは「新しいアプローチでの治療法」というわけです。

それが、マッサージや筋肉の調整、関節運動の調整などによる手技療法の分野です。

この治療は従来の接骨/柔道整復のものというよりも、「整体」「カイロプラクティック」「オステオパシー」といった手技療法に近い方向性のものです。

つまり、「『体』を『整』える」類の治療となります。

今の「接骨」の看板とは似て非なるもの、となる為に、若い治療家の間では「接骨 ⇒ 整骨」への変化、つまりは「骨を接ぐ、から骨を整える」と看板の表記を変えていったわけです。

ですので、現在の「接骨院・整骨院」は「骨接ぎ屋さん」ではなく「整え屋さん」と考えてもらって良いでしょう。

※勿論、連綿と接骨に拘る治療家の方も沢山いらっしゃいます。

△TOPへ戻る

接骨・整骨院での治療は保存的治療が中心に

では実際に、現代の接骨院・整骨院での治療はどのようなものが一般的となっているのか。

それについてのご紹介をします。

  • 1.主に温熱治療による保存的治療法
  • 2.牽引等による治療
  • 3.全身への指圧・マッサージ等
  • 4.筋肉調整・骨格矯正等(※治療家による)

基本的には、「1」「2」「3」は何処の接骨院・整骨院でも行っているようで、「4」を行う場合は予め治療家が技術セミナーに通うなどの自己研鑽の上での任意施術となります。

どちらかと言えば、「鍼灸」に近い、全身をほぐす治療といった趣です。

また、接骨・整骨院による治療は一部条件を満たしていれば、各種保険の適用が可能ですので、非常に経済的に通院する事が可能です。

整体」や「カイロプラクティック」などは1回あたり数千円は必要となってしまいますが、接骨・整骨、そして鍼灸の場合は1回あたり数百円で済むケースが殆どです。

これなどは、慢性疾患を抱えてしまっている患者様には丁寧な根治治療に通う上での動機付けには十二分ではないでしょうか。

△TOPへ戻る

今後、増え続ける整骨院・接骨院

今、日本はとても大きな代替医療ブームの波が本格的に押し寄せようとしています。

というのも「腰痛」「肩こり」「坐骨神経痛」等の慢性疾患と呼ばれていたものに対して、代替医療・手技療法が非常に効果的ではないかと見直されているからです。

その波に乗って、今、日本では非常に沢山の柔道整復師・鍼灸師の専門学校が増え、毎年の合格者数も続々と増えてきている状態です。

更には、全国規模での治療院のフランチャイズ活動を進める企業も現れており、この勢いは当面は収まりそうにありません。

恐らく、1地域あたりの接骨院・整骨院の数はここ数年間で爆発的に増えるはずです。

こうした背景の中、やはり考えられるトラブルは「接骨院/整骨院の質の問題」になります。

かつて、国家資格を取得した後のコースは、接骨院/整骨院で修行をした上での独立でした。

ですが、今は最初から独立開業を目的に、「無資格治療家より有利だから」とその社会的地位の高さに惹かれて柔道整復師・鍼灸師の道を志す人が増えているのです。

こうなると、国家資格があったとしても、接骨院/整骨院だから、という安心感も吹き飛びかねません。

ペーパードライバーのような治療家が運営する接骨院/整骨院であれば、無資格の数週間のセミナーで資格を得た整体師と何ら代わりがないからです。

やはり、この場合も重要になるのは、「患者が治療家を見極める目」

すなわち「患者力」なのです。

少し話が逸れてしまいましたが、「治療家を妄信」する、「国家資格に安心する」事が安易な行動に繋がってしまう時代が目の前に来ていると言う事ができるでしょう。

整骨院/接骨院にて治療をするにしても、その他の手技療法に頼るとしても、

自分の「健康」というとても大切な問題ですので、自分自身、しっかりと熟考の上で決断をされるようにしてください。

△TOPへ戻る