ペインクリニックについて

トップ > ペインクリニックについて

ペインクリニックについて

「目の前の痛みを取る」事に強い西洋医学的治療

ペインクリニックとは正にその名が示すとおり「ペイン=痛み」に対して働きかける「専門医」と言う事ができます。

局所麻酔を用いた「即効性」の「鎮痛」治療がその最大の特徴です。

腰痛や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛といった症状に「突然」襲われた人などは「何だこれは??」と思うと同時に

「とにかくこの痛みを取り除いて欲しい!」

という思いで頭が一杯になってしまいます。

本来の治療は

  • 1.この痛みは一体何なんだ??
  • 2.どういう仕組みでこの痛みが『今』起こっているんだ??
  • 3.何が原因でこの状態を引き起こしてしまったのだろうか??

といった、その痛みが起こる仕組み(メカニズム)をしっかりと把握し、「因果関係」を絞り込む事が大切なのですが、中々そうはいきません。

「とにかく痛い」という感覚が目の前にあるので何も考えられないのです。

ですが、「痛みを引き起こす原因」に対して適切な処置を行わなくては、結局はまた同じ事を繰り返してしまいます。
※典型的な再発パターン

これがぎっくり腰や坐骨神経痛の厄介なところと言えるでしょう。

腰が歪んでいるのに、その歪みについて考えず、とにかく痛み止めの薬だけを飲んで済ませる。これでは肝心の「根本原因」がそのまま放置されてしまいますし、当然、薬の効き目が失われれば痛みは戻ってくるだけです。

ですが、そうも言ってられない程の痛みの場合、「とにかくまずはこの痛みを何とかしてからだ!!」という場合に頼もしい存在が「ペインクリニック=痛みを取り除くことに強い治療院」というわけなのです。

△TOPへ戻る

「麻酔科」から生まれたペインクリニック

ペインクリニックで行われる治療は「ブロック注射」が主となります。

このブロック注射は主に「局所麻酔」による鎮痛と根治を目的としたものなのですが、「麻酔」と言う言葉からも連想できるように、「専門科」としては「麻酔科」がペインクリニックの発祥です。

つまり、「ペイン科」「ペインクリニック科」という「専門科」は存在していません。

「あれ?ここは『麻酔科』って看板になってるけど、、腰痛とか肩こりって治療してもらえるのかな・・・」

とペインクリニックの前まで来て、また病院の診察棟まで来て躊躇する人もいるかと思います。

躊躇する必要は全くありません。そのままドアを開けてください。

「麻酔外来」「麻酔科:ペインクリニック診察」といった記載が見つかるかと思います。

それが「ペインクリニック」としての機能を持っている証です。

▼TOPへ

「鎮痛」と同時に「根治」にも効果的なペインクリニック

ペインクリニックといえば「即効性」「鎮痛」がその特徴となりますが、決して「痛みを取るだけ」ではありません。

「自律神経を調整し 『交感神経』 『副交感』 の振幅バランスを取る治療」

としての顔もペインクリニックは持っています。

ですので、ペインクリニックは「鎮痛」「根本対処」の2段階治療が本来の流れと言えるでしょう。

「ペインクリニックって痛みを取るのが専門なんだよね」

と受け止めている方が多いと思いますが、それは「半分正解」という事なのです。

ペインクリニック専門医は国内に1,400人以上

現在、日本には約1,400人以上のペインクリニック専門医がいます。

「腰痛」「肩こり」「坐骨神経痛」「ぎっくり腰」「腰椎/頸椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」等など、その治療対象となる疾患/症状で悩む人の数からすればまだまだ十分とは言えない数かもしれません。

ですが、ペインクリニックを開業する医師、携わる医師は着実に増えてきています。

間違いの無い、信頼できるペインクリニックに身体を預けたいという方はペインクリニック学会が定める「ペインクリニック専門医」所属の病院/ペインクリニックに通院されるのが良いでしょう。

▼TOPへ