坐骨神経痛

トップ > 坐骨神経痛

坐骨神経痛とは坐骨神経に沿って走る神経痛

お尻の裏側~太腿の裏側、膝~脹脛の裏側に沿って走る痺れや痛み、「つった」ような違和感。

坐骨神経痛で悩む患者様の主だった自覚症状です。

上記の痛みの範囲とはまさに「坐骨神経」が走っている部位にあたります。

つまり、「坐骨神経痛」とは「坐骨神経」に沿って走る神経痛なのです。

一般的には「裏側・奥」と感じる場合は坐骨神経痛である場合が多く、太腿の「表側・前面」と感じる場合は大腿神経痛である場合が多いようです。

では改めて、坐骨神経痛に多い自覚症状を説明します。

  • 臀部(お尻の内側・裏側)に感じる痛み・痺れ・つったような感覚
  • 太腿の内側・裏側に感じる痛み・痺れ・つったような感覚
  • 膝裏に感じる痛み、痺れ、つったような感覚
  • 脹脛裏側に感じる痛み・痺れ・つったような感覚
  • 足先に感じる痛み・痺れ・つったような感覚

こういった症状が感じられる場合、坐骨神経痛が生じている可能性が高いと考えられます。

ただし、これだけは決して忘れないでください。

坐骨神経痛とは症状であり、決して疾患ではないという事。

つまり、坐骨神経痛とは何か他の原因疾患によって引き起こされた「1症状」だという事なのです。

ですので、この場合は「何が坐骨神経痛を引き起こしているのか」という事が一番大切な要素となります。

坐骨神経痛を治療するのは坐骨神経痛に対する治療よりも、坐骨神経痛を引き起こしている原因、平たく言えば

坐骨神経を圧迫している原因を突き止める事

が最短距離で回復をさせる為の道というわけです。

ただ、だからといって坐骨神経痛について考える必要がないという事はありません。

坐骨神経痛について学び、坐骨神経痛を引き起こしている原因についても学ぶ事は治療効果に良い影響を与えますし、セルフメディケーションにおいても非常に役に立ちます。

ですので、まずは坐骨神経痛というもののメカニズムについての解説を行っていきます。

△TOPへ戻る

坐骨神経痛が起こるメカニズムについて

少し繰り返しになってしまいますが、坐骨神経痛とは「坐骨神経」に沿って走る神経痛症状となります。

いわば、その症状とは「神経圧迫」によって起こりうる全ての症状というわけです。

では、どうして坐骨神経痛が起こるのか。

それについて整理を進めていきたいと思います。

坐骨神経痛は、坐骨神経を圧迫する事によって起こる神経痛一般を指す。

まずはこの大前提があります。

逆説的に言いますと、坐骨神経痛は坐骨神経を圧迫されなければ、基本的には起こりません。
※ただし、心因性の坐骨神経痛も存在しています。

つまり、坐骨神経痛の「痛み・だるさ・痺れ」といった諸症状は、何かしらの原因が坐骨神経を圧迫する事によって生じるもの、という事です。

では、一体何が坐骨神経を圧迫しているのか。あるいは刺激しているのか。

考えられる原因はそう多くはありません。

主だった坐骨神経痛の原因としては上記4つが挙げられます。

合同会社腰痛治療ナビに寄せられる坐骨神経痛の問い合わせを見る限り、特に多いのが「①」「②」のようです。

△TOPへ戻る

脊髄中枢神経と坐骨神経の境目に起こる異常から生まれる坐骨神経痛

この場合は「ぎっくり腰」「腰椎すべり症」「脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」「変形性椎間板症」などの影響で脊髄中枢神経と坐骨神経との境目周辺に神経圧迫が生じてしまい、結果的に坐骨神経痛という自覚症状が起こるようです。

△TOPへ戻る

坐骨神経を取り囲む周辺筋の異常によって生じる坐骨神経痛

この場合は現代社会において座りっぱなしの生活が増えてきた中、特に衰えを見せている「臀筋群」が原因となって起こりやすいようです。

臀部には「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」「梨状筋」という筋肉がそれぞれあるのですが、特に衰えの激しい筋肉は最も外側にあり、大きいサイズの「大臀筋」です。

お尻のたるみの原因とされている筋肉となります。

この大臀筋はもともと、足を後ろへと振り上げる動作の際に最も力を発揮する筋肉だったのですが、現代社会はデスクワークの時代です。

その活躍の機会は「イスから起き上がる際」くらいしか与えられることもなく、徐々に衰えていってしまったようです。

その結果、大臀筋は機能を失い、その代わりとして内側になる「中臀筋」「小臀筋」「梨状筋」がより一層頑張るようになりました。

ですが、他の筋肉は本来は別の働きをする為の筋肉ですので、大臀筋の代わりができるのはそう長くはありません。

予定外の負荷を抱え込み、悲鳴をあげるのを待つばかりの状態になってしまうのです。

そして、悲鳴を上げた筋肉は柔軟性を失い、コリ固まります。使われなくなった筋肉は弛緩し、機能を失っていきますが、過負荷によって悲鳴をあげた場合はカチコチになってしまうのです。

最初は中臀筋が、そしてその下の小臀筋が、そして最後にはその下の梨状筋がコリ固まっていきます。

では、梨状筋の下には・・・・・坐骨神経が走っているのです。

凝り固まった梨状筋によって圧迫される坐骨神経。その結果、坐骨神経痛が引き起こされます。

これは坐骨神経痛の中でも、梨状筋症候群と呼ばれるタイプです。

机に座る時間が長い、学生・社会人の患者様にはこの梨状筋症候群タイプの坐骨神経痛で悩む人が多いようです。

△TOPへ戻る

坐骨神経を支配領域に含む上位神経部位での異常が原因となる坐骨神経痛

このタイプの坐骨神経痛についてなのですが、これは坐骨神経そのものが何か異常な状態にあるのではなく、他の部位(坐骨神経を支配領域にもつ)での異常が、そのまま下ってきている形になるので、対処すべき部位がそもそも、坐骨神経に沿った場所ではありません。

つまり、痛みは臀部であっても、処置すべき部位が腰~胸~首といった離れた部位にあるパターンです。

患者様が「え??」と驚かれる場合が多いようですが、神経痛とは決して症状部位と原発部位が一致する訳ではないという事を覚えておいてください。

△TOPへ戻る

神経損傷等が原因となって生じる坐骨神経痛

最後、「④」のケースですが、これはとにかく可能な精密検査を全て受けた上で、どの部位の神経がどういった原因・経過をもって「神経損傷」という結果に辿り着いたのかを明らかにする必要があります。

外部からの圧迫等の働きかけではなく、損傷部位の内側からの症状発生ですので、「自然治癒力」に任せるか、「手術等の物理的手段」にて対処をするかを選択する必要があります。

勿論、「神経損傷」だからといって、即手術をする必要はありません。人間の持つ自然治癒力は決してヤワなものではないのです。

ですが、希望的観測に傾きすぎて、時期を逸してしまう事は何一つ良い事はありませんので、必ず近くの病院にて詳しい検査を受け、担当医の方と徹底的に検討をするようにしてください。

納得がいくまでセカンドオピニオンをするのも全く問題はありません。むしろ積極的に情報を集めていきましょう。

以上、坐骨神経痛について基本的な部分の説明をしてきましたが、坐骨神経痛もやはり例外ではありません。

  • 自分の坐骨神経痛は何処にどういった症状があるのか
  • どういった動作・姿勢の際に痛み・痺れ等が起こり、また収まるのか
  • 坐骨神経を圧迫している原因は一体何なのか
  • 生活の中で坐骨神経圧迫を作り出した要因とは一体何なのか
  • 今、自分の身体は一体どういった状態にあるのか

といった「坐骨神経痛」「自分の身体(筋肉/骨格)」等についてしっかりと理解を深めてください。

最善の治療法・対処法・予防法とは、「現状を知り、仕組みを理解し、選択肢を把握する」事で見えてくるものです。

敵を知り、己を知らば百戦危うからず。

やはり、「坐骨神経痛」についても、この言葉はピッタリ当てはまります。

△TOPへ戻る