腰痛症・腰椎症について

トップ > 腰痛症・腰椎症について

腰痛症・腰椎症について

腰痛症・腰椎症という症状・疾患名は年配の方に増えている診断名称のようです。

合同会社腰痛治療ナビに相談を寄せられる「腰痛症・腰椎症」と診断された患者様の平均年齢は50前後と比較的高い割合となっています。

この状況から察するところ、やはり「加齢」により発症してくる症状であると判断がされているようです。

では具体的に腰痛症とは何なのか。

また、腰椎症とは何なのか。

曖昧な感じが否めないこれらの症状をわかり易く説明していきたいと思います。

なお、腰痛症・腰椎症と診断をされた患者様で合同会社腰痛治療ナビに相談を寄せられた方の自覚症状は以下の通りとなっています。

  • 腰が重たい
  • 午前中に腰が重苦しい
  • 長時間座った後にすぐ起き上がれない
  • イスからスッと立ち上がれない
  • お尻の裏~太腿の裏にピリッと時折痺れのような症状が起こる
  • 少し運動をすると腰がピキッとする。
  • 1時間くらいデスクワークをすると肩こりのような感覚が腰にやってくる

このような症状で悩んでいる方が多いようです。

△TOPへ戻る

腰痛症とは一体何なのか

合同会社腰痛治療ナビに相談されるケースが増えてきた症例です。

まずは、「腰痛症」の言葉を分解する事からその概要に迫りたいと思います。

  • 腰痛 : 何かしらの原因でもって腰周辺に痛みを伴う状態
  • 症 : 症状全般を指す

非常に「漠然」としたものである事はイメージできるかと思います。

腰痛症とは平たく言えば

何かしらの原因でもって腰周辺に痛みを伴う全ての症状

という事になるのです。

はっきり言ってしまうと「腰痛」との境界線が余りない診断名といえます。

それはどういう事かといいますと

いずれの可能性も内包しているという実に曖昧な状態と言えるのです。

この「腰痛症」と診断を受けた場合、基本的には「シップ」「痛み止め」といった処方を受けるかと思いますが、

そのまま納得をしないようにしてください

腰痛症」では一体何が起きているのかがさっぱりわかりません。

それでは最適な、「根本的な」治療を行う事は到底不可能なのです。

  • 自分の自覚症状にはどのようなものがあるのか
  • 自分の腰周辺の筋肉はどのような状態なのか
  • 自分の骨格はどのような状態にあるのか

必ず、これらの「詳細な状況」を確認した上で、「何が原因なのか」「今の自分の腰はどのような状態にあるのか」を明確に絞り込むようにしてください。

最短距離での回復を実現する治療法は、こういった詳細情報の検証から絞り込まれてくるものなのです。

腰痛症という曖昧模糊とした診断名のまま一般的な腰痛治療を行っても、中々症状の改善を見られず、ズルズルと通院してしまう可能性が非常に高くなります。

漠然とした状態での治療だけは絶対に避けるようにしてください。

敵を知り、己を知らば百戦危うからず。

やはり、「腰痛症」についても、この言葉がピッタリ当てはまります。

△TOPへ戻る

腰椎症とは一体何なのか

腰痛症に続いて、次は腰椎症についての説明を行います。

まず、「腰椎症」という言葉を分解する事によって、腰椎症の概要について把握をしてきたいと思います。

  • 腰椎 : 脊椎(背骨)を構成する椎骨のうち、腰周辺の部位にあたる5本の椎骨群(L1-L5)まで
  • 症 : 症状全般を指す

如何でしょうか。「腰痛症」に劣らず、こちらも非常に「漠然」としたものである事はイメージできるかと思います。

腰椎症とは平たく言えば

何かしらの原因でもって腰椎に影響を与え、周辺に痛みを伴う全ての症状

という、やはり「曖昧模糊」とした診断名となります。

こちらもまた、「腰痛」との境界線が余りない診断名といえます。

やはり、腰痛症同様に、

いずれの可能性も内包しているという実に曖昧な状態と言えるのです。

この「腰椎症」と診断を受けた場合、基本的には「シップ」「痛み止め」といった処方を受けるかと思いますが、

そのまま納得をしないようにしてください

「腰椎症」では一体何が起きているのかがさっぱりわかりません。

それでは最適な、「根本的な」治療を行う事は到底不可能なのです。

  • 自分の自覚症状にはどのようなものがあるのか
  • 自分の腰椎がどのような状態になっているのか
  • 自分の腰周辺の筋肉はどのような状態なのか
  • 自分の骨格はどのような状態にあるのか

必ず、これらの「詳細な状況」を確認した上で、「何が原因なのか」「今の自分の腰はどのような状態にあるのか」を明確に絞り込むようにしてください。

最短距離での回復を実現する治療法は、こういった詳細情報の検証から絞り込まれてくるものなのです。

腰椎症という曖昧模糊とした診断名のまま一般的な腰痛治療を行っても、中々症状の改善を見られず、ズルズルと通院してしまう可能性が非常に高くなります。

漠然とした状態での治療だけは絶対に避けるようにしてください。

敵を知り、己を知らば百戦危うからず。

やはり、「腰椎症」についても、この言葉がピッタリ当てはまります。

△TOPへ戻る