腰椎すべり症・腰椎分離症について

腰椎分離症について

腰椎分離症とは腰椎すべり症とセットで扱われることが多い疾患です。

ですが、「腰椎すべり症」と「腰椎分離症」は全く異なるものだとお考えください。

腰椎すべり症については別に説明の場を設けていますので、ここでは腰椎分離症についての説明をしたいと思います。

では、まずは腰椎分離症を言葉で区切り、その概要について明らかにしていきたいと思います。

  • 腰椎 : 脊椎の中で、腰の部位を示す。(L1~L5の合計5本)
  • 分離 : 本来在るべき場所から離れた状態。
  • 症 : 症状全般を指す総称

これが腰椎分離症です。

平たく腰椎分離症を表現すると

何かしらの原因でもって、腰椎から『一部組織が分離』してしまう事により起こる症状一般

となります。

そして、腰椎分離症の場合、殆どのケースで「分離するもの」とは「椎弓」の一部となります。

椎弓とは何か。

腰椎分離症で最もよく「分離する」椎骨の一部が「椎弓」と呼ばれる部位です。

では、その椎弓とは一体何なのか。

それには椎骨の仕組みを学ぶ必要がありますので、そこから説明をしていきます。

椎骨とは脊椎を構成する骨

椎骨とは脊椎を構成する小さな骨です。

脊椎(背骨)は24個の椎骨が積み重なって構成されています。

そして、更に細かく分けると、「椎骨」は前半分と後半分に分けられます。

その前半分が「椎体」と呼ばれ、後ろ半分が「椎弓」と呼ばれます。

腰椎分離症で分離をしてしまう椎骨はこの「後半分の椎弓」である事が一般的です。

ちなみに、この「椎弓」は背中に沿ってその先端が浮き出ていますので、直接手で触る事が可能です。

余談ですが、「カイロプラクティック」「オステオパシー」「十字式健康法」「整体」その他、脊椎を重要視する手技療法において、脊椎の歪みを見極める上で重要な道標となるのが、この「椎弓」となります。

△TOPへ戻る

腰椎分離症の諸症状について

腰椎分離症は腰椎すべり症同様に、それ自体が単独で何かを起こすというよりも、その「状態」が様々な症状・疾患の原因となってしまうものです。

合同会社腰痛治療ナビに寄せられている腰椎分離症の症状には以下のようなものがあります。

  • 運動時に神経痛がピリッとくる
  • 少し緊張したりするとピリッと神経痛が来る
  • 身体を強く捻ったりするとピリッとくる。
  • 背筋を伸ばそうとしたらピリッとくる
  • 日常的に腰が重たく感じる
  • 気持ち悪い違和感が続くので精神的に重苦しい
  • 背中を触ると気持ち、浮き上がってるような触感がある。

これが腰椎分離症と診断された方が自覚されている症状群です。

やはり、腰椎すべり症のように、腰椎の分離が「坐骨神経痛」「梨状筋症候群」「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰痛」といった様々な疾患・症状へと派生をしていきます。

ですので、「腰椎分離症」と診断をされた場合、やはり大切な事は「知る事」と言えます。

つまり、「腰椎分離症」を更に掘り下げ、自分の身体に起こっている事を明確に知る訳です。

  • 自覚症状にはどのようなものがあるのか
  • 自分の骨格はどのような状態にあるのか
  • 自分の筋肉はどのような状態にあるのか
  • 分離した部分は一体どの部分で、どの程度なのか
  • 今ある自覚症状とは分離した椎骨によるものなのか、別の原因も潜んでいるのか

現に様々な症状が起こっているのであれば、その症状が発症したプロセスまで明確にし、適切な対処を講じる必要があるのです。

しかし、その「適切な対処」とは「腰椎分離症」という診断名からでは決して導けません。

だからこそ、自分自身の身体を学ぶ必要が出てくるわけなのです。

ですので、「何かおかしい」と感じた場合や、病院で「腰椎分離症ですね」と診断をされた場合、そのままで終わらせないようにしてください。

腰椎分離症だけでは適切な治療法が何なのか。また、その分離症がどのような状態で、どのような症状を引き起こしているのかを知るには不十分なのです。

徹底的に自分自身の身体に起こっている事を学び、「身体の今」について学び、最適な治療法を模索してください。

この「初めの一歩」で治療の良否が決まると言っても過言ではありません。

敵を知り、己を知らば百戦危うからず。

やはり、「腰椎分離症」についても、この言葉がピッタリ当てはまります。

△TOPへ戻る