腰椎すべり症

トップ > 腰椎すべり症について

腰椎すべり症・腰椎分離症について

「腰椎すべり症」と「腰椎分離症」の二つは中高年に多いとされている疾患です。

特に、「腰椎すべり症」と診断をされた中高年の方は多いのではないでしょうか。

腰椎すべり症とはいわゆる「加齢現象」によるもの、とされる代表的な症例の一つです。

一方の「腰椎分離症」もまた、加齢現象による疾患と言われることが多いのですが、こちらは運動量の激しい、骨がまだ成長段階にある中高生の患者様が比較的見られる疾患です。

とはいえ、どちらも「加齢」による筋肉・靭帯・椎間板等の組織の衰弱・機能減衰が原因であろうとされています。

ですが、合同会社腰痛治療ナビでは「加齢現象だし」と素直に受け入れない事を「腰椎すべり症」「腰椎分離症」の患者様に提案をしています。

確かに筋肉・靭帯・椎間板等の組織の衰弱・機能減衰が原因であろうという点については否定のしようもありません。

合同会社腰痛治療ナビでも原因としてのその割合は非常に大きいと考えています。

ですが、それは「加齢」が原因なのだろうか。

厳密には「加齢」が主な原因といえるのだろうか。

我々はそこに少々疑問を感じています。

何故なら、余りに年代差ではなく、「個人差が大きい」からです。

「加齢現象と言うより、機能減退を誘発する要因が他にあるんじゃないのだろうか」

合同会社腰痛治療ナビではそう考えました。

そしてたどり着いた結論が「老化というより、老化を招く生活習慣こそ主要原因」

だったのです。

腰椎すべり症・腰椎分離症は確かに組織の老化・機能減衰が原因となるのは間違いありません。

ですが、その「老化」現象とは年を経る事によって進むというより、「身体をしっかり運動させない」事から誘発されていると考えています。

つまり、腰椎すべり症・腰椎分離症は中高年だけにはとどまらなくなる時代が近づいていると考えていmるのです。

腰痛・肩こりが既に現代病となった今、その可能性は決して低いとは思えません。

なってからでは遅いのが腰痛・肩こりに代表される慢性に近い疾患です。

ですので、腰椎すべり症・腰椎分離症についても、「なる」「ならない」に関わらず、大切な健康についての知識として吸収をして下さい。

仮に腰椎すべり症・腰椎分離症に近い、そうと思われるような症状に遭遇した場合、先に身につけておいた知識が「不安・焦り・恐怖」をしっかりと抑えてくれます。

△TOPへ戻る

腰椎すべり症について

中高年の腰痛持ちの方にはかなり多い診断名かと思われる「腰椎すべり症」

これも例によって言葉を分解する事で、その内容を読み解いてみたいと思います。

  • 腰椎 : 脊椎の中で、腰の部位を示す。(L1~L5の合計5本)
  • すべり : いわゆる「滑り」の事。
  • 症 : 症状全般を指す総称

これが「腰椎すべり症」です。

簡潔にいいますと

腰椎が何らかの理由で持って滑ってしまい、それによって発症する症状一般。

となります。

ですので、特定の症状を指すものではなく、「ヘルニア」のように、特定の「状態」を指す性格が強いと言えます。

現在、腰椎すべり症として診断をされた患者様から寄せられた自覚症状は

  • 腰が痛い(慢性的な腰痛
  • 腰下が重りをつけたように重たい
  • 座っていた状態から立ち上がろうとするとピリッと痺れが下肢に走る。
  • 長時間座っていた状態だと、立ち上がるまでに少し「休息」をいれないと辛い
  • 激しい運動をした際にピリッと神経痛が走る
  • うっかり、物にぶつけてしまった際にピリッと痺れが走る事がある

といった内容が多く、その症状は「腰痛」「坐骨神経痛」「脊柱管狭窄症」といった症状に非常に近いものがあります。

これは「似ている」というよりも、「併発している」と表現をした方が恐らく正しいのではないか、と合同会社腰痛治療ナビでは判断をしています。

つまり、「腰椎すべり症」とは「椎骨の滑り」が原因となって様々な疾患に派生をしてしまうものではないかと考えているのです。

やはり、最も考えられやすいのは「脊柱管狭窄症」であると考えられます。

脊椎を構成する椎骨が滑り、1つないし2つ(あるいはそれ以上)が「本来あるべき部位からずれる」訳です。

まさに「椎骨のヘルニア」でも言うべきこの状態は、椎骨の正しい積み重なりから形成される「脊柱管」を歪な形にしていると考えられます。

結果、脊柱管を縦断している脊髄中枢神経に、ずれた椎骨が接触し、神経痛が起こってしまう。

脊柱管狭窄症が発症した、というわけです。

これは考えられるほんの1例に過ぎませんが、腰椎すべり症とはこのような形で様々な疾患・症状を引き起こしてしまう可能性は十分にあると考えられます。

では、それを防ぐ為にはどうすれば良いのか。

合同会社腰痛治療ナビでは腰椎すべり症を学ぶ事が最善であると考えます。

腰椎すべり症が原因なくして起こるとは考えられません。必ず何かしらの原因が潜んでいます。

逆を言えば、その腰椎すべり症を招いてしまう原因を先に知ってしまえば、予防策はいくらでも取れるわけです。

ですので、合同会社腰痛治療ナビでは患者様にこう提案をしています。

腰椎すべり症がどのような疾患を引き起こすのか、「適切な対処」の為に学びましょう。

それと同時に、何が腰椎すべり症を招くのかもしっかり学び、予防に努めましょう

腰椎すべり症そのものを学び、同時に腰椎すべり症が生まれるまでの過程も知るのです。

敵を知り、己を知らば百戦危うからず。

やはり、「腰椎すべり症」についても、この言葉がピッタリ当てはまります。

△TOPへ戻る