脊柱管狭窄症について

トップ > 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は「腰椎すべり症」「腰椎分離症」によって引き起こされる事が多い症状です。

また、腰下の神経痛に悩まされえいる患者様が比較的良く耳にする診断名でもあるかと思います。

では、脊柱管狭窄症とは一体、どのような疾患なのか。診断名を分解して説明をしていきます。

  • 脊柱管 : 脊椎の中にできる空洞で、脊髄中枢神経の通り道
  • 狭窄 : 狭くなる事。
  • 症 : 症状全般を指す総称

これが脊柱管狭窄症となります。

脊柱管が狭くなる事によって生じる症状全般

というわけです。

では、脊柱管狭窄症によって引き起こされる症状とは一体どのようなものがあるのか。

合同会社腰痛治療ナビに寄せられる脊柱管狭窄症の自覚症状をご紹介します。

  • 背筋を反ろうとすると「ビリビリ!」と痺れが走る
  • 腰が常に重たい、痛い
  • 10分程度歩くだけで、腰下が異常に疲れて立っていられなくなる
  • 太腿の裏側~膝裏と、坐骨神経痛のような神経痛が定期的にやってくる。
  • ただし、少し休憩を取ると嘘のように回復していく。

脊柱管狭窄症は脊髄中枢神経を圧迫する事で症状が起こる場合が殆どで、その影響する範囲は「坐骨神経」にまで及ぶ事もあります。

その為、「坐骨神経痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」と共通する症状が出るので、その診断の根拠が中々絞り込めないケースが少なくありません。

ですが、脊柱管狭窄症に比較的良く見られる特徴もあります。

それが「間欠跛行(かんけつはこう) 」と呼ばれる「歩行障害」であり、もう一つが「小休止で驚くほどに回復する」という事実です。

△TOPへ戻る

間欠跛行(かんけつはこう) とは何か

脊柱管狭窄症の場合、殆どのケースで見受けられるのが「間欠跛行(かんけつはこう) 」という歩行障害です。

脊柱管狭窄症というものは、突然の強い圧力によって神経圧迫が生まれる類の症状ではなく、どちらかと言えば

「継続的な弱い神経圧迫」が見られる症状

となります。

その為、ジワリジワリと神経圧迫が進み、「違和感」から「重だるさ」、そして「痺れ」「立っていられない」と段階的に進んでいくケースが多いのです。

その代表的な例が「間欠跛行(かんけつはこう) 」と呼ばれる症状です。

最初は特に問題なく歩けていたはずなのに、徐々に足が疲れたように重く感じるようになり、徐々に痛みへと変化していきます。

そして、最後には直立して立っていられなくなるのです。

この場合、背中を丸めて腰を過かがめると、痛みがスーッと治まっていくはずです。

この「間欠跛行(かんけつはこう) 」の場合は、神経圧迫を取り除いてあげれば良いだけですので、腰を丸めてかがむ事によって、狭くなっている脊柱管に隙間を作ってあげる訳です。

ですが、これはあくまで「応急処置」的なものなので、「治ったぞ!」と再び歩き出すとやはり同じようにある程度の距離で歩行障害が起こってきます。

△TOPへ戻る

どうして脊柱管狭窄が生じるのか

脊柱管狭窄症は、その名称が示すとおり、「脊柱管」が「狭窄」を起こして初めて起こるものです。

では、どうして脊柱管狭窄が起こるのか。それについて簡単に説明をしていきます。

そもそも、脊柱管とは脊柱(脊椎)を構成する「椎骨」が24個、積木のように積み重なってできています。

つまり、元々1個の円柱と言うわけではなく、結果的に円柱を形成していると言うわけです。

それは言いかえると「椎骨が一つでもずれると脊柱管には狭窄が起こる」という事でもあります。

脊柱管とは椎骨のバランスによって成立した構造なのです。

では、脊柱管狭窄を引き起こすであろう「椎骨の歪み」とはどのようにして起こるのか。

それを予め知っておく事は大切です。

脊柱管狭窄を引き起こす、椎骨のずれを生じるものには下記のようなものがあります。

  • 腰椎すべり症による脊柱管狭窄の発生
  • 腰椎分離症による脊柱管狭窄の発生
  • 交通事故などの強い外圧による椎骨骨折による脊柱管狭窄の発生
  • 骨格の歪みによる脊柱管狭窄の発生
  • 筋肉のアンバランスによる脊柱管狭窄の発生

勿論、他にも沢山の原因が考えられますし、上記のいずれかが単独で脊柱管狭窄を引き起こすという事も余りありません。

多くの場合は複雑に要因が絡まりあって、脊柱管狭窄を引き起こすからです。

とはいえ、上記の原因が脊柱管狭窄の主だった原因である事も確かですので、もし、「脊柱管狭窄症」と診断を受けたり、「自分はひょっとして脊柱管狭窄の状態か?」と思う節があった場合、

上記のようなことがなかったか、一度心当たりを探してみるのも大切だと思います。

△TOPへ戻る