骨盤異常について

トップ > 骨盤異常について

骨盤異常は出産後の女性に非常に多い、「腰痛の原因」の一つ

「骨盤の異常」は出産後の女性に特に多いと合同会社腰痛治療ナビは確信しています。

合同会社腰痛治療ナビに寄せられる出産後のお母さんの悩みは殆どが同じです。

出産後に腰痛が始まり、それが収まる気配がなく困っている。

出産後と出産前の身体の変化とは何か。

  • 子供を迎えた。
  • 出産時には骨盤が開ききっている。
  • 仮に内臓下垂を起こしていた場合、骨盤が開きにくく出産が大変なケースが多い(とされる)
  • 出産後、大きな痛みがなくとも、多くの女性は慢性腰痛を抱えながら生活をしているケースが多い

これらの状況から合同会社腰痛治療ナビではこう考えるに至りました。

開ききった骨盤は自力で戻る能力に決して長けている訳ではないのではないか。

開ききった骨盤では重心のバランスが崩れてしまうのではないか。

この結果が、女性の多くが悩む出産後の腰痛症状ではないかと考えたのです。

実際、骨盤矯正を行った女性の患者様からは「だるさが取れた」「身体が軽い」「お通じが良くなった」と症状の改善を喜ぶ声が届き、その仮説は少なからず的を射ているのではないかと受け止めています。

骨盤は下半身と上半身の間にある「大切な体幹部」と言えます。筋肉で言えば「腹筋」にあたる部位ではないでしょうか。

骨盤のバランス一つで、上半身のバランスが崩れ、同時に下半身の負荷がアンバランスへと転じます。

勿論、その逆も然りです。

女性の方は「出産」という、男性にはない骨盤部位の大きな変化を経験する事となります。

また、女性の骨盤とは男性に比べて構造が脆く、小さな形をしています。

出産の為にそのような構造になっているのは想像がつきますが、同時にそれは「脆さ」も内包しているのです。

ですので、女性の方で出産を迎えられた方は出産後の肉体改造の前に、まず骨盤を整える治療を受ける事をお勧め致します。

なるべく控えた方が良いと思われる流れ

女性の方は出産後に慌しく活動を再開される方が少なくありません。

  • 早期の仕事復帰の為に
  • 出産前のプロポーションへのカムバックの為に
  • 出産太りの解消の為に
  • 運動不足の解消の為に

これらの目的を持ってジムに通い、レッスンを受けと「頑張るお母さん」が多いのです。

勿論、それらは健康維持の為にもとても大切な事に違いはありません。

ですが、なるべく出産後は一度骨盤の調整を手技療法の治療院にて受ける事を提案します。

開きっぱなしの骨盤では激しい運動の負荷を吸収しきれず、腰痛症状を悪化させるだけならともかくも、最悪のケースでは「腰椎椎間板ヘルニア」を引き起こしたりする場合もありえます。

どのような運動プログラムであっても、大前提として「歪みのない骨格」というものがあるはずです。
※そこまで細かく注意をする運動プログラムは恐らくないでしょうが・・・

健康維持の為に健康を壊すような事をしてしまうのは本末転倒ですので、是非、出産後の新米ママは骨盤の調整をご検討ください。

△TOPへ戻る

骨盤異常は決して油断できない症状である

骨盤異常といっても、「慢性腰痛」「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」等のような「象徴的な症状」が起こるようなものではありません。

その為、「骨盤なんて生活の中で誰だって歪んでいくものでしょ」と特に意識を去れずに過ごされている方も多いようです。

確かに日常生活の中で多かれ少なかれ骨盤は歪みを持っていきます。

上半身と下半身のつなぎ目としての役割は決して軽いものではないからです。

ですが、「どうせ歪むものなんだから放置で大丈夫」という訳ではありません。

だからこそ、定期的なメンテナンスが大切なのであり、特に出産という、骨盤にとって大きな出来事の後は殊更、大切と言えるのです。

女性の方は是非、頭の片隅でも良いので骨盤についての意識を置いておいてください。

  • 男性の骨盤より、女性の骨盤は構造上脆くできている。
  • 脆い理由は「出産」に備えて骨盤の自由度が高く、幅広い構造を持っているからである。
  • 出産時、骨盤は開ききる為に、通常のバランスから大きく崩れてしまう。
  • 開ききった骨盤が自然に回復する可能性は決して高くはない(と腰痛治療ナビは考えます。)

出産後、口にするしないに関わらず、沢山の新米ママさんが腰痛や違和感に悩み、そして多くの場合慢性腰痛となっています。

そして、その原因も良くわからないままに「仲良くやっていくしかないのかな」とズルズルと付き合っていくケースが圧倒的に多いのです。

「骨盤の調整」という方法論は従来の「風邪を引いたら病院へ」といった価値観の中で生活をしていると出会えるものではありません。

その「聞き慣れない」方法論には「何だか怪しいなぁ・・」といった先入観も多々あるかと思います。

ですが、骨盤の調整とは決して非科学的なものでもなく、

  • 骨盤の仕組み
  • 男性・女性の骨盤の違い
  • 出産時の骨盤の役割と動き
  • 出産後の骨盤の状態

等をしっかり理解しておけば、「出産後に大切なもの」として受け入れる事ができるかと思います。

とかく、現代の女性は非常に繊細に、女性らしい骨格に変わりつつあります。

これは従来以上に筋肉・骨格の問題に対してデリケートになっていくという事です。

様々な運動プログラムが流行りの中で隆盛を極めていますが、

ブームは一瞬であり、健康とは一生のものである

この大前提を忘れずに、骨盤を通した健康について学んでいく様にしてください。

骨盤がしっかり構えているのであれば、ちょっとやそっとの負荷バランスの異常などはしっかり骨盤が受け止めてくれるのです!!

△TOPへ戻る