頚椎椎間板ヘルニアについて

トップ > 頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニアとは、「頚椎」に発症する「椎間板ヘルニア」をさす疾患です。

その自覚症状は、圧迫を受ける神経の支配領域によって異なり、合同会社腰痛治療ナビに寄せられる自覚症状には

  • 首が重たい
  • 首を動かすと痺れる
  • 首を動かすと激痛が走る
  • すぐに首が凝り固まる
  • 首を回す事ができない
  • 肩がすぐにバキバキなる。(カチコチに凝り固まっている)
  • 腕の上半分がピリピリする。
  • 親指~中指くらいまでがうまく使えない
  • 瞼が重く感じる
  • ストレスによる絶望感・厭世観・焦燥感

こういった自覚症状による相談が多数寄せられています。

上記の症状は、頚椎部位に走る脊髄中枢神経の主な支配領域となりますが、症状が悪化するにつれて、その症状は胸椎~腰椎の支配領域まで拡大を見せる傾向にあります。

この原因として考えられるのは

  • 頚椎は胸椎・腰椎より上位神経にあたり、影響力が多大である
  • 頚椎異常による上半身の筋バランス異常等が胸椎~腰椎の筋肉に影響を及ぼしている

といった理由が考えられます。

元々、人間の頭部は非常に重たく、一方でそれを支える頚椎は胸椎や腰椎に比べると構造が脆く、

更には頚椎には脊髄中枢神経の他に、左右に「頚椎神経」という重要な神経が走っている等、その構造の反面、非常に重要な神経が密集している部位とも言えるのです。

これは「そけいヘルニア(脱腸)」の項目で紹介したのと同じ事情で、「高度な柔軟性」を実現する為には、どうしても屈強な作りよりも、耐久性に劣る構造にせざるを得なかった、という構造的な問題があると考えられます。

では、頚椎椎間板ヘルニアとは一体どういった疾患なのかについての説明から入りたいと思います。

頚椎椎間板ヘルニアとは頚椎に生じる椎間板ヘルニア

繰り返しになりますが、頚椎椎間板ヘルニアとは、「頚椎部(首)」に生じる椎間板ヘルニアです。

当然、椎間板ヘルニアには「胸椎椎間板ヘルニア」「腰椎椎間板ヘルニア」がその発症部位ごとに存在しており、椎間板以外のヘルニアとして「そけいヘルニア(脱腸)」「臍ヘルニア」等があります。

ある意味、「腰椎すべり症」も「椎骨ヘルニア」と言っても良いかもしれません。

「ヘルニア」という言葉はかなり「重症」というイメージを持たれがちなのですが、実は我々が知らないだけで色んな部位に、色んなヘルニアが存在しているのです。

ヘルニア治療の第一歩はヘルニアを知る前に、ヘルニアを必要以上に怖がらない、という点にあるのかもしれません。

少し脇道に逸れてしまいましたが、頚椎椎間板ヘルニアは基本的に腰椎椎間板ヘルニアとその発症の原理は同じです。

頚椎部にある椎間板が大きな外圧に悲鳴をあげる、あるいは継続的に続いていた小さな蓄積の積み重ねの結果、悲鳴をあげる、といった理由で椎間板が負荷を吸収しきれず、「ヘルニア」という形で爆発を起こします。

その飛び出したヘルニア(髄核)が頚椎を縦断している「頚椎部の脊髄中枢神経」に触れる・圧迫をしてしまい、その接触している中枢神経の支配領域に「神経痛・激痛・痺れ」を引き起こしてしまうのです。

ただ、頚椎の場合は「胸椎・腰椎」とは少し事情が異なり、脊椎の中央を縦断する「脊髄中枢神経」に加えて、頚椎の左右を走る「頚椎神経」というものがあります。

つまり、頚椎椎間板ヘルニアは二箇所の重要な神経を圧迫してしまう可能性が高いのです。

頚椎椎間板ヘルニアが胸椎・腰椎ヘルニアに比べて厄介とされる理由はここにあります。

  • 「頚椎」とは胸椎/腰椎に比べて柔軟性に富み、耐久性に劣る構造をしている。
  • 「頚椎」には脊髄中枢神経の他に頚椎神経が左右に走っている。
  • 「頚椎」の脊髄中枢神経の支配領域は首~肩~腕の上半分と非常に広い
  • 「頚椎」の脊髄中枢神経の影響は「胸椎」「腰椎」にも及ぶ

こういった「胸椎」「腰椎」には見られない特徴があるのです。

また、日常生活において酷使され続けている頚椎部位に起こる疾患は、発症時点で日常生活に大きな支障をきたすケースが殆どです。

まさに「なってからでは厄介」な類の疾患なのです。

△TOPへ戻る